FC2ブログ

Welcome

「バイオリンなんて嫌いだ!」は脱却。でも・・
好きな作曲家、演奏家、弾きたい曲、特になし。
それなのに・・・

何故バイオリンを弾き続けるのか

断舎利に寄せて/オーストラリアの大学時代(1)

独立してフリーになってから10数年が過ぎた。多くの小さな事業が数年で潰れると言われる中、10数年続けられたのも、ちょっと息抜きに優雅にバイオリンを弾いてみたり、空いている平日にお買い物に行ってみたりという生活ができるのも、ひとえにお客様のおかげである。有り難いことだ。しかし、その10数年間、必要になるごとにPCを変えたり、少しオフィスのレイアウトを変えたりはしていたのだが、仕事をしながら大幅に改装すること...

最近のバイオリンのカスタム

書きたいことはあるのだが、なかなか更新できないし、そうこうしている間に自分の中で話題が陳腐化してしまう。久々にバイオリンについて書いておこうと思う。新しい楽器を買いたいと思いながら、一方では今の楽器にも手を入れている。過去にも何回か書いているが、私はオートバイとクルマが好きで、仕事にしているほどだ。この世界では、「カスタム」ということが行われていて、例えば、「もっと空力抵抗が良くなる」という触れ込...

ダイエット成功のお供達

発表会を控え、舞台に出るということで、数ヶ月前からダイエットに励んだ。タンゴの師匠に舞台心得を叩き込まれた。その教えをバイオリンに当てはめれば、「聴いていただくお客様に失礼のないように」(演奏はヘタクソでもせめて見た目だけはできるだけよくする(笑))いや、実は年末~年始のイタリアの友人訪問の際に、パスタやパンやお米の美味しさに改めて目覚めてしまい、その結果、油断して食べまくり、3月くらいにまた「血...

ピアノ合わせ3回目と発表会直前の連続ショック

ピアノ合わせ3回目。前回の反省に基づいて、後半をテンポアップしたらノリノリになった(笑)曲の伸び縮みと強弱もバッチリ合わせて、加藤礼菜さんにも「やりたいことがはっきり見えてきました」と講評(?)をいただき、今回で終了とした。しかし、ノリノリは続かなかったのだ。レッスン教室の発表会が8月のはじめなので、そろそろということで、曲を見ていただいた。余り気を回さず、ピアノ合わせどおりの弾き方をした。それ以外...

ピアノ合わせ2回目

前回、良い感じで終えたので、初回よりは安心感をもって臨めた(ヘンな夢は見なかった(笑))。前回は2時間スタジオを取って1時間肩慣らししてから合わせに入ったが、結局3回くらい通すのが体力的にも集中力的にも精一杯なので、今回は1時間予約、合わせ45分にした。前回で全体的な感じはわかったので、1回目:途中で止まりながら、細かいところを確認する。伴奏がどう嵌まって来るかの確認と、ちょっとしたリクエストとご相談(...