Welcome

「バイオリンなんて嫌いだ!」は脱却。でも・・
好きな作曲家、演奏家、弾きたい曲、特になし。
それなのに・・・

何故バイオリンを弾き続けるのか

自ら招いた刺客、その名を関孫六

長年、同じ包丁を使っている。適当に買ったやつを時折、研ぎながら。サラリーマン時代は、外食ばかりで飽き飽きしていたので、独立してからは結構料理に凝って色々作った。最近は、歳のせいか食べることにこだわりがなくなり、とりあえずお腹を膨らませればいいや、というあまりよろしくない食生活をしている。「これではいけない」と、弾みを付けるために新しい包丁を買ってみた。名前は聞いたことがあって、いかにも切れそうなの...

キャットウォーク開通

世の中では、圏央道の9割が開通したらしい。我が家のキャットウォークも開通した。それまでは、猫ちゃんハウスで行き止まりだったが、その先を作った。スペースがないので貫通は無理だと思っていたが、また猫の神様から啓示が下りてきた(笑)。どのみち、掛けて保管している自転車の奥がデッドスペース化していたので、このようにした↓猫ちゃんハウスの前を通れるようにした。芝生に見立てて、100均の滑り止めマットを貼り付けた...

パーフェクト・ケース

完成だ。ひょうたんアップグレード。背負えるようにしたのは良かったが、まだひとつしたいことがあったので・・やった。我が家は狭いので、ひょうたんケースはいつも立てて保管している(楽器に良いか悪いかわからないが、仕方がない)。なので、練習を始めるときは、頭を掴んで「よっこらせ」と持ち上げて横にしてケースを開ける。このケースは軽いし、頭も大きくないので「ひょい」と持ち上げられるが、「取っ手があったら楽だな...

肩当てよさらば

引き続き、「工作」カテゴリーである。アーネスト・ヘミングウェイも「?」と思っているだろう。私の中では、ずっと「ツウは肩当てをしない」と思っていた。いつの間にやら私が尊敬するようになった牟田さん(現在勉強中のモーツァルト・コンチェルト5番)や他の演奏家や先生も肩当てをしていない(※もちろん、している人もいる)。子供のとき、なくしたか、面倒になったか、自分でも肩当てをしていない時期もあった覚えがある。そ...

親父暴走、やりたい放題(笑)

(楽器ケース改造編)私のバイオリンには2個ケースがある。1つは、昔からあったひょうたん型の古いケース。もう1つは、再開時に購入したGewaの角形ケース。ひょうたん型は、そのときにキリを付けて捨てようと思っていたのだが、長年の持ち物であったこともあり、捨てられなかった。それでキープすることにした後、金具が錆びてみすぼらしいので取り替えようと思ったが、現代の規格とは違うようで同じものが見つからず、サビをリュ...