Welcome

「バイオリンなんて嫌いだ!」は脱却。でも・・
好きな作曲家、演奏家、弾きたい曲、特になし。
それなのに・・・

何故バイオリンを弾き続けるのか

祝・連続1000日達成!

最後に練習を休んだ日から数え始めて、1000日連続で練習した。我ながらよくやったものだ。これを成し遂げるのに必要だったのは、この歳になるとまず健康だ。逆流性食道炎でどうなるかと思ったこともあったが、練習だけはした。腰が痛くてほとんど歩けなかったときにも練習だけはした。遊びや仕事(笑)よりも練習を優先させた。時間数は1500時間あまりになっている(単純に日数×1.5時間で表示)が、実際にはこれより多い。1000日を...

悔しい

週末のミニ発表会。もうだいぶ慣れたので、極度に緊張することもなく、真っ白になることもなかった。ピアノ合わせなしウォームアップの時間もほぼなしさらに、普段なら寝ている時間のスタートで身体が動かないという条件を考えれば、まぁ満足して舞台を降りた。この日のためだけに遠くから聴きに来てくれた母と妹。母:「もうちょっとね」私:「まぁ、条件が条件だからよくできた方だよ」。しかし。その後、母の言葉がじわじわと重...

2018年によせて

発表会直前である。モーツァルト5番3楽章、かれこれ半年くらいは練習したので、これまでで最も準備できているといえる。5月の発表会の「スプリングソナタ」も着々と弾けるようになってきている。鈴木の次の「シチリアーノ」ももう弾けちゃってる。もうじき、連続1000日達成だ。たのしい練習会も今月だ。まとめれば、私のバイオリン生活は非常に充実している。2018年の課題も、去年と同じ・ハイポジション・重音の2本立て。ハイポジ...

ネチネチ、しつこい私

練習記録を見ると、9月頃から来月の発表会の曲を練習している。最近は部分練習をするとともに、少なくとも2回は通している。先日、ある方と練習会をしたのだが、そのとき彼女の音程の正確さを聴いて、「はっ」となった。練習してるは、しているが、音程は「そのうち合うだろう」とおざなり。もう3ヶ月以上も練習しているのに、その「そのうち」はいつまでたってもやって来ない。ある意味当たり前だ。不正確なところを不正確なまま...

何かが足りない

またまた楽譜ネタ。鈴木の外の世界への準備段階か。音楽の海は広いようである。レッスン曲のモーツァルトのロンド。またもやカデンツァがやらかしてくれている。いや、まだ楽譜があまりよく読めない私でもこれはわかる。「小節線書いとけよーっ」と。いや、楽譜をあまり読まない私は何も困らないのだが。どちらかというと困るのは「6」。「6の指ってどれですかー」ってなる。(イタリックにはなっているが、もうちょっと指番号とは...