category書籍

「愛に生きる」

trackback0  comment0
IMG_2535.jpg


鈴木メソッド=才能教育の創始者である鈴木鎮一先生の書かれた本である。

第一刷が1966年となっているので、父母が本棚に立てていたという記憶に間違いはないだろうと思う。もちろん、子供の頃に読んだ記憶はまったくない。

ついつい懐かしくて、ア○ゾンで検索したら新品はないものの、何冊か中古で出ていたので迷わず購入。15円也。値段にちょっと複雑な気持ちになったことも確かだ。

どこも重要であるため要約はできないが、鈴木先生の生い立ち、バイオリンや音楽とのかかわり、そして何より人間(&子供)賛歌が記された書であり、随所に先生の清廉潔白なお人柄が偲ばれる。

鈴木メソッドというと「バイオリンの英才教育」と思われがちだし、実際、私の親も少なからず私達兄妹のひとりでもバイオリニストになることを夢見ていたように思うが、才能教育の願いは、「バイオリンを通してすべての子供が幸せになるように」、ということであるそうだ。

才能教育にどっぷりと浸った子供時代を過ごした私としては、この本のあちこちに懐かしさを見出した。実際には私の生まれる前のエピソードがメインなのだが、私の子供時代のすべてがそこにあるような気さえした。

何度か鈴木先生にお目にかかる機会があった。当時は私も幼く、何となくとてつもなく偉くて、バイオリンを教えてくれる、やさしくて面白いおじいさん、程度にしか理解していなかったのだが、両親は「鈴木先生に握手してもらった手は3日は洗っちゃだめだよ!」と言っていたのを覚えている。

私の人格の大きな部分は、親や先生を通して鈴木先生によって作られたといっても過言ではないと思う。この本を読んで鈴木先生が如何に立派な方だったのかを初めて知った。

人生を折り返したとはいえ、今度はバイオリンを通して自分を教育していきたいと思わせてくれた良書である。
スポンサーサイト
category楽器・アクセサリなど

易きに流れるのも人の常?

trackback0  comment4
先日、テクノロジーに詳しいhalさんから、楽譜作成ソフトをご紹介いただき、「禁断の木の実」だとは思いながらも誘惑に負けて、「いやいや、ちょっと実力を見てやるだけだから」と自分に言い訳をしながら、仕事もほったらかしてSibeliusを検証してみたので、レポートしよう。

世の楽譜が読めずに夢を諦めている私のような人々への福音となるかもしれない!

楽譜が読めない私が、そんな高度な記譜機能が必要なわけもなく、Sibelius Firstという入門版の体験版をダウンロードしてみた。散々Sibeliusにアップグレードしよう!と誘われるが、「いえいえ、私のような者にはもったいないですから」と心の中でお断りしながらインストールを進める。

ここでざっくりとした作業の流れをご紹介しておこう。
Sibelius Firstを起動

Sibelius FirstからPhotoScore Liteという別のソフトを起動して楽譜をスキャン(Sibelius Firstの製品版には同梱されているようだが、体験版にはないようだったので、別にPhotoScore Lite Demoをダウンロード)

PhotoScore Lite内でスキャンした楽譜を修正

修正済みの楽譜をSibelius Firstに転送して、さらに必要に応じて修正

再生機能を使って確認
おわり

理想的には、「ソフトを立ち上げて、スキャナで楽譜をスキャンしたらすぐ演奏」できればいいのだが、世の中そこまで甘くない。

では、各作業の様子をご覧いただこう。

スキャンの様子。
何度か設定を変えて試さなければならなかったが、設定が決まってしまえば結構な認識率だった
IMG_2521.jpg


PhotoScore Liteでのスキャン後の様子。
上にスキャン画像、下にデータ化した楽譜が表示されて、確認したいところにマウスをもっていくと、青い縦線で対応が簡単にわかる。
IMG_2523.jpg

PhotoScore Liteでの修正作業。
問題のある小節の上下に赤色の波線が出て、修正が必要なことがすぐわかる。この小節の場合、16分音符1つ分、余計に入っていることが青色の+と音符で示される。問題の音符をクリックすると、キーパッドの8分音符と付点が青くなるので、不要な付点をクリックして解除すると、楽譜の付点が消えて、赤線、+音符も消えて修正終了。

因みに今回のスキャンの問題はゴミが付点と認識されたのと、16分音符の桁が潰れて8分音符と認識されて帳尻が合わなくなるという、この2点だけだった。それも、ほんの数カ所だけで、かなり優秀。
IMG_2525.jpg

PhotoScore Liteでも再生機能があるので、私の場合はこれだけでも用が足りる気もする。

いよいよSibelius Firstに移動。
なぜかは知らないが(設定が悪いのかも知れない)、五線とか音符、調音記号以外は読み込まれない。PhotoScoreからそうなのだが。スラーやフォルテだのピアノ、クレッシェンドから何から全く落ちてしまっている。
※6/22追記:これは、PhotoScoreがLight版であるためらしい。フルバージョンだとさらに色々読み込まれる模様。
IMG_2526.jpg

Sibelius Firstでの修正作業
でも心配ご無用、そういうのは簡単に入力できる。スタッカートからスラー、アクセントなど、付けたい音符を選んで、キーパッドやメニューからサクサク入力。フォルテとかクレッシェンドなどを入力すると、その通り演奏されて面白い。
そして、バイオリン弾きには嬉しい運指番号も用意されて、至れり尽くせり・・・ついつい、きれいな楽譜を作る方に夢中になって遊んでしまい、目的を見失いそうになった。
IMG_2528.jpg

ついに、自動演奏。
最初から最後まで普通にプレイすることもできるし(上の写真に写っている緑色の縦線が動いてどこを弾いているか一目瞭然)、小節を指定して(ちょい面倒だが)好きな回数リピート演奏させることもできる。テンポも簡単に落とせるとくれば、私の目的はすべて満たしてくれる。
IMG_2529.jpg

総括
ここまで、手探りでほぼマニュアルを見る必要もなくできてしまった。数回作業して慣れてしまえば、スキャンから自動演奏までストレスなく終わってしまうだろうと思う。
楽譜をスキャンして演奏する、という主旨のソフトではないので、ちょいと操作性が悪いところもあるが、私の用途には十分すぎる機能を備えている。

結論
そして、Sibelius Firstはこれだけできて、今ならお値段、たったの12,000円以下
11,217 円!!

送料手数料はア○ゾンが負担!

レッスン曲はこれを使って先を進めて、読譜の練習は基礎から進めるのがいいですよね?
(誰に同意を求めているのやら)

ご紹介いただきましたhalさん、ありがとうございました。
また、長々お読み頂いたみなさま、ありがとうございました。
category練習

祝!譜読み完了

trackback0  comment6
いやぁ、長かった。

IMG_2520.jpg

(著作権に配慮してぼかしてありますので勘弁してください)

たったこれだけを読むのに2ヶ月ぐらいはかかった。
1日1時間と決めた練習時間で、音階をやったり、ポジションをやったり、レッスン曲をさらったりしていると、譜読みに割ける時間はわずか(というか、はっきり言って苦痛なので自然と時間が減る)。

そう、まことに残念なことに私は楽譜が読めない。
音を覚えて、A線の1の指、E線の高2・・とかで覚えて、後は指が覚えるまで弾く方式なので、どの指がどの音符に対応しているかわからない。それではいけないと、初歩の1stポジションの音階をしながら対応を覚えようとはしているのだが、ド・レのように、五線の下に飛び出しているのはまだしも(それも下の線が増えるとだめ・・)、最初の線は「ミ」、ど真ん中は「シ」(でもどの線のどの指かはわからん)までは辛うじて覚えたが、音符が五線に入り込んだ途端に頭がぼおーっとなって、それ以外は「なんとなく上、なんとなく下」くらいにしか把握できない・・・・
そして、ポジションが動くと、まったくのお手上げ状態になるのだ!(エラそうに言ってみた)

どなたか、もっと誰でも読める優しい楽譜のシステムを開発してください!

さらに、iPodに入れた模範演奏のCDは、速くてついて行けないし、覚えきれない。子供の頃のように「ふふんふーーん」と覚える能力はなくなってしまった。おまけにiPodは早戻しの操作が不便。

そこで登場する秘密兵器がこれだ!

IMG_2519.jpg


日本が誇る世界のカシオ。G-SHOCKでもお世話になっているし、仕事机の電卓もCASIOだ。
このキーボードは、たった数千円だったがちゃんとした音が出る。A=442にも調整できる。ちょっと鍵盤数が少なくて足りなくなることはあるけれど、音を取るには十分。

これで、楽譜を何とか読みながら、1小節とか、ひとまとまりとかをポロローンと弾いて、メロディーを覚える。いわば、五線のラビリンスの水先案内人となってくれる頼みの綱。ポジション移動も起こり得ないので、バイオリンよりはまだ何とかなる(というか、ピアノはバイエルまでは終わらせたことがあるので、今でも多少は読めるのだ!えへん。)

そんなやりかたなので、2ページ(時間にしてたったの2分半!!・・改めて情けなくなってきた)を読むのに膨大な時間がかかってしまった。

しかし、楽譜が読めないと世界が広がらない。
新しい曲は弾けないし(まぁ、音があればある程度簡単な曲なら弾けてしまうのだが)、オーケストラに参加したくても、弦楽四重奏団とかを作ろうにも、隣の人に「あのーすみません、ここのところ私が覚えるまで弾いてみてもらえませんか?」と頼まなければならない・・そんなことをしていたら嫌がられるだけでなく(軽蔑もされるだろう・・)、まったくついて行けないだろうと思うと、東京スカイツリーくらい敷居が高い。

いつの日か、譜面を見ただけで本を読むが如くスラスラと弾ける日が来るのを楽しみにしている(他人事のようだ・・)
category練習

練習、サボりました。

trackback0  comment0
タイトルの通りです。
原因は夫婦喧嘩。お恥ずかしい。

あんまりにも気分が悪く、バイオリンに触る気にさえならなかった。
レッスンに通い始めて初めてのことだ。
これが、デスメタルのギターとかだったら、歴史に残る名演奏になっていただろう。

「1日練習をしなければ、自分にわかる」

とはあちこちで聞く言葉だが、まぁ、中高年の趣味なので1日くらい身体を休めるのもよかろう。(しかし、もう明後日はまたレッスンだ。前回注意されたところが直せてない・・・先生には確実にバレるだろう)

殺伐とした気持ちの中、思い出したことがある。

まだ私が小さい頃、多分、私が練習を嫌がっていたのだと思うが、夜、激怒した父が
「そんなに嫌ならやめてしまえ!」
とバイオリンを5Fの自宅から投げ捨てたことがあった。
泣きながら慌てて拾いに行った。奇跡的に壊れていなかった。

今となっては、そのときの父の気持ちもよく理解できる。
私なら本当にその場で止めさせていただろう。
よく続けさせてくれたものです・・・

その後、妻とは何とか仲直りもしたし、さて、気を取り直してまた明日から練習するとしよう。
New «‡Top‡» Old