category楽器・アクセサリなど

バイオリン、平成の大改修 PART II

trackback0  comment6
レッスンが2週間お休みだったので、発表会に備え(出るのかっ!?)弓の毛の張り替えと、バイオリンのメンテナンスに出した。
今回のバイオリン・メンテナンスのメニューと期待される効果

ネックが太いので1~2mm程度削る
- 押さえやすくなるのと、楽器の重さが軽くなり、ますます明るい音になるでしょう

・ペグが限界なので交換
- ペグを替えただけでも音が変わりますよ
(値段に気を遣って最初に中国製を出してくださったが、速攻却下。China Free生活を目指している私が、大事な大事なバイオリンに中国製の部品など許せるわけがない。倍の値段のイギリス製にしてもらった。中国製も形は比べなければわからないほどよくできてはいたが、後で無残につまみの部分が折れたのを見せていただいたのだが、寒気がした。)

・テールピースもついでに交換
- 音が変わりますよ(3種類を弾き比べさせていただいて選択)

・傷がついたところのニスの補修と全体のクリーニング
- さすがにこれでは音が変わるとはおっしゃっらなかった(笑)

早速結果を公開。

Violin_20150412.jpg

これまで、顎当てを黒から茶色に変えたのに、テールピースとペグが黒のままでちょっと私の美的感覚的には許せなかったので、良い感じになったと思う。テールピースは黒と茶色系2つを試させてもらって、結局この茶色に落ち着いた。

肝心の音だが、さらに低音から高音まで響きが良くなり、透明感が増した感じになった。
またちょっと耳が痛いほどの鳴りが復活(?)。また使いこなせるまで時間がかかりそうだ。

最後まで、「G線の響きがイマイチですねぇ」と魂柱をコツコツと微妙に動かして微調整してくださった。金子さん、いつもありがとうございます!

次回の課題
・ネック/指板の角度が本体に対して立ちすぎている
・駒ももっと良いのがありますよ
・エンドピンも替えると音が変わりますよ

ついでに(?)猫にもベッドを買ってあげた。最初は恐る恐る周りをうろうろしていたが、慣れたらお気に入りになった。よかったよかった。
今ではすっかり私の仕事のお供をしてくれている。

IMG_0736_2.jpg

が、バイオリンを弾き始めると避難してしまう・・・
でもたまに帰ってきて聴いてくれるが、・・・
またすぐにどこかへ行ってしまう(笑)
スポンサーサイト
category録音

再開1周年記念・バロック弓購入記念・進捗記録の録音

trackback0  comment12
相変わらずである。
(飽きたと言いながら)飽きもせずにバッハのコンチェルト第一番1楽章を1日5回は練習している。

折しも、長らく仕事と生活に追われて趣味がない、と悩み続けた結果、バイオリンのレッスンを再開したのが去年の4月だった。

好きなものがない、やりたいことも特にない、というのは辛かった。充実感のない日々がただ過ぎ去っていた。
歳を取るに従って、加速度的に時間が過ぎるのが早くなり、何かしなければ、と焦りを感じていた。

再開すると決めて、ケースを新調し、恐る恐る弓の毛を張り替えに出したり、文房具やレコーダーを買い揃えたり。
ワクワク・ドキドキしながらバイオリンを担いで出かけ、教室のドアを開けた。

あれからもう一年。自分で言うのも何だが、だいぶ上手くなったと思う。
やはり、1日1時間でも、積み重ねは大きい。

1年目は、子供の頃のレベルに戻るのを目指したが、達成されたのだろうか?もう昔の録音などは残っていないのでわからない。ただ、あの頃よりは、色々考えながら弾くようになったのは確かだ。そして、何より、「嫌々」やらされているのではないところがいい。

バロック弓の音も録っておきたいとさっと録っただけなので、1年の集大成というにはちょっと恥ずかしいし、完成もしていないのだが、まぁ、成長の記録として、譜読みの次の通過点と言うことでアップすることにした。



猫も真剣な顔で批判的に聴いてくれているようだ(笑)。

譜読み段階からの違い
☆ テンポを上げた
☆ 暗譜できた
☆ 大事故率が下がり、成功率が上がってきた
☆ バロックボウで弾いている(まだ使い慣れない)
☆ シベリウス先生には春休みをお取りいただき、伴奏CDを使用
category楽器・アクセサリなど

バロック弓を買ってみた

trackback0  comment10
バロックの演奏のビデオを観ていると、バロック弓を使っている人が結構いて気になっていた。
かといって、もしハズレを引いてしまったら(というか、弓だってやっぱり少なくとも数十万出さないとそれなりのものは買えないという先入観がある)と考えると、キャンプのたき付けくらいにしか使えないゴミのような木の棒と馬の尻尾に少ないお小遣いを賭けるには勇気が必要だ。

でも、暖かくなってきたし、桜も綺麗だし(関係ないだろ・・・)、酒の勢いを借りて1年頑張った自分にご褒美という名目でAmazonの15,800円のをポチっ。
同じショップで同じ説明なのに16,000円と微妙に値段が違うのもあったのだが、200円節約してみた(悲)。

今日届いたので、早速使ってみた感想。
総評:いいよ、これ。
ところどころ松脂の付け方が足りないところが滑ったりする感じがしたが

GOOD:
同じ楽器なのにすごく柔らかい音がする
コントロールしやすい

??
分数楽器の弓か、と思うほど短い。
ビデオで観ると普通の弓より長そうなのだが・・・
もしかして、200円分短いのかっ!?
しかし、伝票を確認しても「4/4」と書いてあるので、そういうものらしい。
コントロールしやすい、と感じたのは、短さ故かも知れない。
しかし、私の腕では長い音だとすぐに弓が足りなくなる・・

BAD:
取扱注意!先が鋭利で、指に刺さって血が出るかと思った。
アンサンブルで隣の人を突き刺して事件が起こる予感。

サイレント用に、と買った10,000円くらいのカーボン弓もあるのだが、それに比べたらこっちの方がよっぽど気に入った。

IMG_0681.jpg

猫も興味津々の図(笑)
New «‡Top‡» Old