categoryねこ

お誕生日

trackback0  comment8
今日は当ブログのマスコット猫の2歳のお誕生日でした。

普段しない首輪でオシャレして、高級フードをもらい、ちょっと多めに遊んでもらいました。
(でもバイオリンは少なめにはなりませんでした(笑))

DSC03890 (2)
もうすっかりお姉ちゃんです。

DSC03916 (1)
楽しく遊びました。

DSC03934.jpg
リゾート気分満喫。

ずっと元気で楽しく過ごしてもらいたいものです。



でも、襖を登るのはやめてね。。。苦労して張り替えたばかりなんだから(笑)。
スポンサーサイト
category練習

モーツァルト進捗報告

trackback0  comment2
発表会など、あれこれモーツァルトと関係ないことをやりつつも、4番は相変わらずチマチマと毎日練習している。

ようやくカデンツァを一通り見終わった。
♩=20ぐらいならなんとか引っかかりながら弾けるレベルだが(笑)

この曲に取り掛かったのが6月初旬だったので、ここまで来るのにすでに2ヶ月ほどかかっている。
内訳は、本編に1ヶ月、カデンツァに1ヶ月。量的には本編4.5ページ、カデンツァ1.5ページくらいなので、カデンツァには3倍苦戦したことになる。

本編は、予定通りSibelius先生のピアノ伴奏で練習しているが、これも♩=120以上推奨のところを♩=100に落として練習中。
だが、最初の段階で付箋が付いたところは、日々改善しているものの相変わらず抜き出し練習が必要だ。

正直、この練習は楽しい。
しかし、ゆくゆくは、本当の人間が弾くピアノに合わせて弾きたいものだ。
だが、ピアノ伴奏は音数が減っていてちょっと寂しい。
できればいつかオーケストラをバックに弾きたくなる曲だな、こりゃ。

公約通り、2楽章、3楽章まで年内に終わるだろうか?

IMG_1396_2.jpg
「憎っきバイオリンが終わってこれから遊んでもらえるゾ、嬉しいにゃーん」の図
category昔話

やっぱりやるよね、夢の共演

trackback0  comment6
先日の写真を遊びで加工。

現在→過去、使用前→使用後的な。

大きさ合ってないかな?

Taka_young_violinist_and Old_2

category昔話

クレモナ坊や登場(笑)

trackback0  comment2
今日、恩師にお目にかかった。

そのとき、大変貴重なものを頂いた。

昔の写真である(まだカラーじゃない(笑))。

あちこち引っ越しているうちに、昔の写真のほとんどは紛失してしまった。
今更、誰に見せるわけでもないし、頭の中に記憶されたイメージがあるので別に困らないのだが。

8歳当時のクレモナ親父。
自分で言うのも何だが、可愛らしい(笑・・今は見る影もない)。
舞台に出て緊張した覚えは全くない・・
一生懸命感がいいなぁ。

昭和のお坊ちゃま感丸出しだ(笑・・決してそんなに上等なものではなかったが)。

さて、コアなクレモナ親父ファンのあなた(いないか)と、笑いに飢えている方、そして怖いもの見たさのあなたもレッツ・スクロール!
↓↓↓









Taka_young_violinist2.jpg

あーあ、なんで今こんなことになっちゃったかな(笑)。

categoryレッスン

70周年記念

trackback0  comment4
先日、母とともに松本に行った。

松本と言えば、スズキメソードの総本山である。

子供の頃、夏になると松本で開催される夏期学校によく連れて行ってもらっていた。
確か、昼間はレベル別に市内の色々な会場でグループレッスンを受け、夕方には合奏があったり、コンサートがあったり、鈴木先生の握手会(?笑)があったりしたように記憶している。

ついでに、松本周辺を観光したり、帰路で遊んだりと、私にとっても思い出深いイベントである。

母も懐かしいからというので久々に行くことにしたが、猫を放っておく訳にもいかないので1泊だけにした。

今年は、スズキメソード発足70周年ということで、OBOGも参加できる記念コンサートがあり、そこに参加させていただいた。

大きな会場の大画面を使って昔の写真が映し出され、ナレーションが入り、その写真に因んだ曲を子供達やOBOGが演奏するという進行だった。

IMG_1487_1.jpg

昔の子供が溢れ返っていた時代とは違い、思っていた以上に子供達の人数が少なく、少子化の影響を痛感した。
また、OBOGも30人くらいしかおらず、あれだけいた昔の子供達はどこへ行ってしまったのか、という感じではあった。
昔と違ったのは、海外からの参加者があったことと、バイオリンに対して、チェロ、フルート、ピアノの各科の生徒の割合がかなり増えた気がした。いずれにしても、充実して楽しめるプログラムだった。

終了後、夕方から向かいのホールでプロの演奏会があった。
IMG_1497_1.jpg

早朝に出たため、途中でつい寝てしまったが、バッハのコンチェルトで目が覚めた(笑)。
こんな弾き方もあるのだなぁ、と大変勉強になった。

このご時世、そしてカリスマであった鈴木先生亡き後、このような団体を維持するのも大変かと思うが、是非頑張って続けていただきたいものである。

70周年、おめでとうございます。
New «‡Top‡» Old