category動画など

発表会の頭の中

trackback0  comment14
先週日曜日、発表会だった。
曲はもちろん(?)モーツァルト第4番1楽章。

もう、結果からお話しよう。
これだけ長い曲だと、成功した、失敗したでは語り切れない。

止まらず最後まで弾けた、弾き直さなかったという意味では成功。
部分的な失敗によって、他の普通に弾けた大部分が台無しになった、とい意味では失敗。

前半は自分との戦い。
後半はピアノとのバトルになり、

「軽やかに、優雅に、オホホホホ」

という目標は達成できず、

「ガシガシ、猛々しく、ガォーー」

な演奏になってしまった。

コンクールなら即失格、「一昨日来やがれ」と言われてしまうだろう(苦笑)

いつもの伴奏の先生が都合が合わず、初めての伴奏先生
ピアノ合わせなしは、お互いに厳しかった

でも、美人な方だったので「美女と野獣」(※映画は見たことない)的な駆け引きができて楽しかった。
Sibelius先生の伴奏とは違って、生身の人間に伴奏してもらうって、スリリングで面白かった。

私の頭の中を字幕で解説したので、おもしろ動画としてご覧下さい。


よかったこと
★ カデンツァで、演奏の出来不出来はともかく、「曲に入り込みつつお客さんも意識する」状態を体験できた。
最初から最後までこうありたいものだ。
★ しっかり練習して臨んだ(一時期飽きて練習が苦痛になったが、よく練習した)
★ 最近の低音弦重視、G線がしっかり弾けててGood!
★ やっぱ、A○azonの12,000円のカーボン弓、いいわ。

今後の課題
☆ ぷらっぷらしすぎ(笑)。次回はもう少し足を止めて弾くこと。
☆ ピアノ合わせがない場合は曲を選ぶべし。
☆☆ やっぱり舞台で弾く練習をして慣れが必要だな。来年がんばろう。

総括
緊張しながらも、ある程度はっちゃけられるようになってきたので、今後の活躍が楽しみな気がしてきた。
5月の本当の発表会でもう1度この曲をやるか、別の曲にするか。ともかく練習しすぎて飽きてしまった反面、再度ちゃんとチャレンジしたい気もするので、要検討。あっ、そのときはまたこのピアノの先生に伴奏して欲しいな。お互い納得するまでピアノ合わせして。

「全楽章弾いてもいい」と言われたら、やる気出るかも(観客は迷惑か(笑))
スポンサーサイト
category楽器・アクセサリなど

雑音の犯人は・・・

trackback0  comment6
特に夏頃、A線をハジくと

「ポーーーン」につづいて
シャリシャリシャリ・・・

と雑音が出ていた。
ひどいときは弓で弾いても「バリバリバリ」という金属的な雑音が出ていた。

最近は目立たなくなっていたが。

わずかだが、その雑音が出ていたので、昨日、弓の毛替えに行ったついでに、工房の方に楽器を診てもらった。

そして犯人探しは始まった。容疑者は以下の通り。
A線の弦自体
E線のアジャスター
表板の割れやヒビ、剥がれ

顎当て
テールピースの割れと裏側の金具の干渉
エンドピンの嵌まり具合調整用の紙
エンドピンの先にひっついている猫の髭(笑)
パフリングの緩み
バスバーの剥がれ
f字孔の狭いところのホコリ
楽器内部のホコリ
魂柱

外したり、叩いたり、覗いたりしてウラを取ったが、全員シロである。
工房デカもクレモナデカもお手上げ状態。
事件は迷宮入りかと思われたそのとき。

ふとクレモナデカが何か思い出したようにG線のペグを触ってA線をハジくと・・・

「止まった!」

G線のペグは、輪っかが取れたことがあり、そのときもひどい雑音が出ていたのだ。
それは、しばらく放置した末、クレモナデカが「いいのか?」と思いつつ自己責任で瞬間接着剤で修理していた。

しかし、そこはDIYの達人(笑)のクレモナデカ、輪っかはしっかり留まっていて振動しない。

「ちょっと見せてください」
工房デカの目が光る・・・

犯人はコイツだっ!

peg.jpg

まじか。こんなちょっとしたものがあんな大きな雑音を出すのか・・・出すのだ。
尻尾の方から雑音が出ていたようにしか聞こえなかったのに・・・楽器は全体で決るのだよ

工房デカは、取り外した坊主にそそくさと瞬間接着剤(笑)を塗って取り付けた。

工房デカ曰く、「本当は飾りとかはない方がいいんですよね」。

そのほかにも色々なお話を聞かせてもらって、結局3時間くらいはお邪魔してしまった。

アドバイスに従って、また魂柱交換もお願いしてきた。



category工作

100均作品集

trackback0  comment6
私はどちらかというと100均否定派である。

100円で買った物は品質はそれなりで、おまけに長持ちしないので、結局最初から数倍の金額を支払ってもちゃんとした物を買って大切に使う方が良いと思うのだ。Made in Chinaは論外だ・・・結局色々一通り買ってみての結論だが(笑)。

しかし、工作材料としては便利な物が結構あるし、最近は可愛らしいものも結構ある。
以前の猫小屋の屋根はスノコを分解した物だし、飾りはほとんど100均だ。

今日は、最近の工作作品3点をご紹介。


1.猫の家に雪
ちょっと前に東京に雪が降ったときに、猫の家の屋根にも雪を積もらせたくなって、ツリー用の普通の綿を乗せたら、ふわふわ過ぎて、霞のようになってしまいNG。

もっとそれらしい物を求めて手芸屋とか回ったのだが、結局は100均のキルトの芯が良さそうだった。
IMG_1653.jpg
結構イメージ通りにできたが、いかがであろうか?
なお、以前猫に破壊された門灯の改造修理も完了した。
余りにも気に入ったのか、気に入らないのか、猫が一生懸命噛みついていたが、それでも壊れなくなった。

2. 猫の家に来るサンタ
季節柄、100均もクリスマス飾りが売っていたので、つい購入。
クリスマスには猫にプレゼントを持ってきてくれるはずである。
IMG_1669.jpg
なお、動物の所に来るサンタが動物に労働を強いているようではいただけないので、トナカイもソリに乗せてやった(笑)。

3. 飲んだくれツリー
サンタとトナカイの近くにLEDのイルミネーションがあった。何に使うか決めないまま(これが100均の罠である)、光モノの誘惑に負けて購入。
生意気にも「シャンパンゴールド」と銘打っていたので期待したのだが、早速点灯してみるとそこは100円、白にしか見えずつまらない。
で、以前に飲んでラベルが面白いので飾ってあったワインボトルに突っ込んでやった。
IMG_1661.jpg
色は良くなったが、まだちと明るすぎるが、もういいか。

というわけで、完全にアンチ100均ではない私であった。

New «‡Top‡» Old