category楽器・アクセサリなど

パーフェクト・キャッタ当て

trackback0  comment4
できた。

余計なモノが取れたオトナのあなたに。
パーフェクト・キャッタ当て

ネコ型の肩当て=キャッタ当て(ダジャレ商品名・・笑)
IMG_1804.jpg

前回作った顎当ての金具カバー
良かったのだが、使っていたら脚の角が押されて出て来てしまった。
丸められているが、また痛いのなんの。
IMG_1799.jpg

さらに、肩当てをしない場合、服によっては楽器が滑るので、滑り止めを考えていた。
で、金具カバーを改造して両方を一気に解決することにした。
スウェードの端布れを買ってきて工作。

楽器と身体が当たる部分は、いずれにしても裏板の振動が止められると考えられるので、音への影響はないはずである。
そして、ちょっとデザインもオシャレにした。
IMG_1803.jpg

スウェードを身体とぴったりの位置に合せるのが難しいし、服やその日の身体の調子で接触する場所が変わると思われるので、緩めに取り付けて、身体と接触しないところは自重で微妙に垂れ下がって裏板から離れるようにしてある
(※工作に失敗したわけではない・・(か?)※)。

反省点としては、紐を髭のような位置にすれば良かった。
残念ながら接着してから気が付いたので直せない。
次回作ることがあればそうしよう。

いずれにしても、2017年は私にとってパーフェクト続きの年のようだ。

IMG_1802.jpg
「ん?呼んだ?私、今忙しいんだけどぉ。」

スポンサーサイト
category工作

パーフェクト・ケース

trackback0  comment4
完成だ。

ひょうたんアップグレード。
背負えるようにしたのは良かったが、まだひとつしたいことがあったので・・やった。

我が家は狭いので、ひょうたんケースはいつも立てて保管している(楽器に良いか悪いかわからないが、仕方がない)。
なので、練習を始めるときは、頭を掴んで「よっこらせ」と持ち上げて横にしてケースを開ける。

このケースは軽いし、頭も大きくないので「ひょい」と持ち上げられるが、「取っ手があったら楽だなぁ」と思っていた。
外出した場合も同じだ。

なので、適当な取っ手を(大陸から)非常に安価に入手した。
幅が少し広すぎたので、ホームセンターで適当なアングルを購入して工作。

また内張を剥がしたが、2回目なので気楽だ。
補強、穴空け、リベット固定、内張戻し。

完成
IMG_1788.jpg

全体図
IMG_1787.jpg

持ってみた
IMG_1790.jpg

これで今後、握力が低下しても大丈夫(笑)
New «‡Top‡» Old