category身体

楽園がやってきた

trackback0  comment2
子供の頃から腰や背中が痛かった。

大人になってからは、電気屋に行くと、真っ先にマッサージ器の展示場に行って、順に座ってみていた。
やはり高額な機種は気持ち良いのだが、値段と大きさで購入には至らなかった。

しかし、しばらく目を付けていたのがあった。
シートマッサージャーという種類で、小型で安価。何度か試した後、ついに購入に至った。

IMG_1982.jpg


もう電気屋に行かなくても好きなときにマッサージできる(笑)
機能が簡易な分、自分で身体を合せに行かなければいけないのが残念だが、おおむね満足。

数週間使ったが、肩甲骨の内側をマッサージするのがいいのか、五十肩がだいぶ楽になった。
レッスンで「もうちょっと肘を上げて」と先生の指先で持ち上げられても、飛び上がらずに済むくらいによくなった。


最近の練習
モーツァルト協奏曲5番の3楽章を譜読み中。
ロンド→アレグロ→ロンドのバリエーション
みたいな構成で、ロンドは終わり、アレグロ譜読み中。もうじき終わりだなぁ、と思いきや、またもやカデンツァで悩まされる。

tka_mozcon5-3_cad1_2.jpg
このカデンツァは、1ポジで半音ずつ上がるだけなのだが、頭がひとつ飛び出している(赤丸)のが厄介で、4音ずつの塊がわからなくなり、a tempoの頭の音を通り過ぎてしまう事故が多発(笑)
現在、最初の音で弓を返し、その後4音ずつで弓を返して数を合せる作戦中。

そして7月にもミニ発表会があるので、練習中。他の曲を練習している余裕もないので、またモーツァルトのコンチェルト。
まぁ、暗譜もでき余裕であるが、これもまたカデンツァが厳しい曲である。

「モーツァルト」「カデンツァ」「ヨアヒム」はトラウマになりそうだ(笑)
スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old