category工作

自ら招いた刺客、その名を関孫六

trackback0  comment2
長年、同じ包丁を使っている。適当に買ったやつを時折、研ぎながら。
サラリーマン時代は、外食ばかりで飽き飽きしていたので、独立してからは結構料理に凝って色々作った。

最近は、歳のせいか食べることにこだわりがなくなり、とりあえずお腹を膨らませればいいや、というあまりよろしくない食生活をしている。

「これではいけない」と、弾みを付けるために新しい包丁を買ってみた。
IMG_1956.jpg

名前は聞いたことがあって、いかにも切れそうなので「関孫六」を選んだ。
柄が一体になっているデザインが選んだポイント。
購入前はパッケージに入っているので、切れ味は試せない。

家に帰って早速試し切りしたら、カミソリのように切れる。「貝印ってカミソリのメーカーだもんな」、などと思いながら、ちょっと使って新しくてもったいない(笑)ので片付けていつもの包丁を使っていた。

切れ味は申し分ないのだが、普段使う包丁のように水滴がついたまま放置したら、あっという間に錆びたのもレギュラーにしにくいところだ。
たくさん切るときとか、硬いものを切るときに使えば良いかな、と思っていた。

そして、使用2回目。

野菜を切っているときに、ちょっと左手の親指の爪の先に刃が当たった。
本当に「ちょっと」当たっただけで、普段使いの包丁ではよくあることだ。

「爪がちょっと切れちゃったな、後で爪切りで整えるか」と、思って料理を続けていた。

いっぱい血が出て来た。

手術するなら、こんなメスを使ってもらいたいと思った。
まったく痛みがないんだもん。

左手の親指の先なので、バイオリンには余り支障がないのはラッキーだったが、「これが人差し指だったら」と思うと相当びびった。
連続練習記録が止まるところだった。

今日の教訓
「切れない包丁は危ない」というが、切れる包丁はもっと危ない
スポンサーサイト
 
No title
うう~これはなんとも切れ味鋭そうです!
その後経過はいかがですか?バイオリンにあまり支障がないのが不幸中の幸いでしょうか。
うちの包丁は最近まったく切れないのでそろそろ買い替えも考えてますが、「今日の教訓」はしっかり胸に刻んでおきます。

あ、コメント遅くなりましたが、発表会の動画視聴させていただきました。
すばらしいですね!楽しい曲を楽しんで弾く!これができたら最高じゃないですか!リハでは不調だったのに本番では緊張もなくいい感じで弾けるなんて本当にうらやましいです。わたしはいつもリハでいい調子でも本番では大コケですから・・・

また動画アップしてくださるの待ってます!
タワシさんへ
こんにちは。コメントありがとうございました!

> その後経過はいかがですか?バイオリンにあまり支障がないのが不幸中の幸いでしょうか。
ありがとうございます。血の量には驚きましたが、傷は小さかったのでほぼ完治しています。
バンドエイドを買い足しました。

> うちの包丁は最近まったく切れないのでそろそろ買い替えも考えてますが、「今日の教訓」はしっかり胸に刻んでおきます。
あと、鋼は錆びて面倒くさいので、やっぱりステンレスがお勧めです。最近はセラミックのも出ていますが、どうなんでしょうね。

> あ、コメント遅くなりましたが、発表会の動画視聴させていただきました。
お忙しいところお時間をいただきありがとうございました!

> すばらしいですね!楽しい曲を楽しんで弾く!これができたら最高じゃないですか!
そういえば、タワシさんの目標と同じことでしたね。これは長年の課題だったので、一番嬉しいことでした。
すぐにあと何回か舞台に上がってそのイメージを定着させたいのですが、次はまったく未定。。。

> リハでは不調だったのに本番では緊張もなくいい感じで弾けるなんて本当にうらやましいです。わたしはいつもリハでいい調子でも本番では大コケですから・・・
実は、リハーサル以前にも、色々な方達に誘って頂いて、人前で練習する機会があったのですが、それが大変役立ちました。未完成の状態で弾けないところが一杯あって恥をかき尽くしたのがよかったのだと思います。

> また動画アップしてくださるの待ってます!
ありがとうございます。タワシさんのシューイチも毎回楽しみに聴かせて頂いています。









        
 
http://cremonaoyaji.blog.fc2.com/tb.php/133-4703c54a