FC2ブログ

Welcome

「バイオリンなんて嫌いだ!」は脱却。でも・・
好きな作曲家、演奏家、弾きたい曲、特になし。
それなのに・・・

何故バイオリンを弾き続けるのか

22
2018  03:40:50

ピアノ合わせという名の・・・

水曜日。普段は絶対に寝ている時間。
外は雨。
サラリーマン時代以来ほとんど乗っていない朝のラッシュの電車。
そして、何年か振りに新幹線に乗った。

ついにピアノ合わせの日だ。
今までのピアノ合わせは、15分くらいで通して、上手く合わなかったところをやり直したり、どうしたいと希望を伝えて終わりだった。
しかし、会場は何時間もとってあるし、多少細かく合わせの練習ができるかな、位に思っていた。

しかし、いざ始まってみると、細かく細かく、非常に丁寧に指導していただいた。
ピアノ合わせというより、レッスンをつけていただいた。
バイオリンの先生のレッスンとは、また違った角度から教えてもらったが、初めてで新鮮な体験だった。

いや、もう「ベートーヴェンとは」まで掘り下げて教えていただき、目から鱗の連続だった。
やはり、クラシックの世界で生きてきた人の経験の量は言うまでもなく、知識の量もすごいものがある、と改めて感じた。

やはり、とりあえず弾けるようではお話にもならない

Spring_sheet.jpg

とはいえ、私にとってはすばらしい経験になった。
もう少し近ければ、本当に定期的に教えていただきたい。

本番までの課題もいただき、コツコツ練習するしかない。
IMG_2361.jpg

因みに、その後、中学/高校時代の同級生であり、音楽仲間だった友人と高校卒業以来初めて再会した。
楽しすぎて、それでも最終に乗ろうと駅に着いたときには最終の新幹線が「あと10秒で出ます」と言われてしまった。

「仕方ないね」と飲み直した。

なんとも素晴らしい1日となったのだった。
スポンサーサイト

 レッスン

0 Comments

Leave a comment