Welcome

「バイオリンなんて嫌いだ!」は脱却。でも・・
好きな作曲家、演奏家、弾きたい曲、特になし。
それなのに・・・

何故バイオリンを弾き続けるのか

第2回『たのしい練習会』無事終了

我が地元ザルツブルク(仮名)で、第2回ピアノ/バイオリン合同練習が盛大に行われた。『たのしい練習会』というのは正式名称ではない。名称はまだない。平日にも関わらず、総勢8名というちょうどいい人数になった。初めての会場だったが、100名入るという説明どおり、広々しており、響きもよくとても弾きやすかった。ピアノはスタインウェイD-274フルコンサートという立派な楽器で、ピアノ班の方々には喜んでいただけたようだった...

たのしい練習会に参加しませんか?

ピアノ班の方々との合同練習会です。実は、第2回目の開催になります。基本的に、自分の弾きたい曲を人前で弾く練習をしましょう。ピアノの方々は、生ピアノを弾きましょう。という催し。ピアノ班の方々はかなり優秀で、ピアノ譜を持参すると、多分どなたかが「こんな感じですかぁ~?」と初見でばっちり伴奏してくださいます。第1回は、秋葉原のスタジオで開催してとても楽しく有意義だったのですが、記事にする暇なく今日に至る。...

何かが足りない

またまた楽譜ネタ。鈴木の外の世界への準備段階か。音楽の海は広いようである。レッスン曲のモーツァルトのロンド。またもやカデンツァがやらかしてくれている。いや、まだ楽譜があまりよく読めない私でもこれはわかる。「小節線書いとけよーっ」と。いや、楽譜をあまり読まない私は何も困らないのだが。どちらかというと困るのは「6」。「6の指ってどれですかー」ってなる。(イタリックにはなっているが、もうちょっと指番号とは...

バイオリン de アルペジオ

新装開店で画像重視テンプレートにして、「きれいなブログ」を目指すはずだったのに。きれいにはならなかった。私にしては新ジャンルである。故にすぐに弾けない。面白いじゃないか。要は、ピアノに旋律を譲りバイオリンが伴奏に回るのだ。あなたも主役、私も主役。素敵じゃないか。私はこんな関係を求めていたのだ(笑)。今まで旋律ばかり弾いてきたので、旋律は比較的簡単に把握できるのだが、伴奏役は未経験。で、この単純なパ...

新装開店。楽譜の表紙が緑じゃない

というわけで、死ぬまでに10巻を終わらせることができたので、ブログもリニューアル。今後どんな展開が待っていることやら。楽しみである。大きな変化は、楽譜の表紙が緑の渦渦じゃない。新鮮である。...